NetBeans: PHP 7.2のサポート等

追記:2018/11/15

すでにApacheへのコードの移行は終わっていて、NetBeans10ではデフォルトでPHPの機能がふくまれるようになります。下記のリポジトリを使用するのではなく、https://github.com/apache/incubator-netbeans を使用するか、開発版 https://builds.apache.org/job/incubator-netbeans-linux/lastSuccessfulBuild/artifact/nbbuild/を使用してください。

もうすぐNetBeans10がリリースされるので、こちら https://netbeans.apache.org/download/index.html からもダウンロードできるようになると思います。

追記終わり

Apacheへの2回目のコードの寄贈が終わるまで、一時的に下記のリポジトリ(php features ブランチ)にこれまでつくっておいた新機能のパッチを適用することにしました。

https://github.com/junichi11/netbeans-releases/tree/php-features

追加された機能を使いたい場合は、clone(時間がかかるので、時間がなければshallow cloneでもいいかも) もしくは zipファイルをダウンロードして `ant` を実行すればビルドできます。起動ファイルは `nbbuild/netbeans/bin/`に作成されます。

少しためすだけならビルド後に`ant tryme`でも起動できます。この場合はユーザーディレクトリの位置などが通常と異なります。

実行した環境

  • ant: Apache Ant(TM) version 1.10.3 compiled on March 29 2018
  • java: Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_171-b11)

現時点での変更でビルドしたzipファイルは下記においています。

https://junichi11.com/netbeans/NetBeans-dev-20180610-01.zip

※注 英語バージョンです。

追加した機能

残念ながらPHP等の機能が入ったApache NetBeansの安定版が出るまでは少し時間がかかりそうです。もし新しく追加された機能を使いたい場合は、しばらくの間は、自分でビルドしてもらうか、(Apacheに移行後は)Jenkinsでビルドされたzipファイルを使ってもらうことになります。

不具合を見つけられた場合は、twitter等で知らせていただけると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください