NetBeans 8.0 Html エディタで追加された機能

netbeans

今まであったら便利だろうなーと思っていた機能がNetBeans 8.0から追加されました。それはプロジェクトツリーからファイル(javascript, cssなど)をエディタにドラッグすると、タグに変換して挿入してくれるという機能です。 NetBeans 7.4まではドラッグすると、普通にファイルが開かれてしまいます。

操作方法

ファイルをエディタ側にドラッグするだけ。

nb80-html-editor-1

nb80-html-editor-2

 

対応しているファイル

mime-typeを判定して挿入するタグを作成してくれます。デフォルトはリンクだと思います(e.g. htmlファイル等)。

  • javascriptファイル(js)
  • cssファイル(css)
  • imageファイル(png, gif, jpg, e.t.c)
  • videoファイル(mp4, e.t.c)
  • e.t.c

補足

  • もちろん、phpファイルでも大丈夫です。
  • 複数のファイルには対応していません。(おそらく最初に選択されたファイルが挿入されます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください