NetBeans Template Settings4p

netbeans

テンプレートの設定をプロジェクト毎にできるプラグインをつくりました。テンプレートの設定は、JavaDocなどで使われる@author の値等の設定ができるあれです。

それでそのプラグイン何が嬉しいの?と思われるかもしれませんが、プロジェクト毎に@author名を変えたい場合などに使うことができます。通常であれば、毎回テンプレートの設定の値などを変更しなければいけません。

リソース

使い方

プロジェクトプロパティ(プロジェクト右クリック > プロパティ)を開いてTemplate Settings の Enable settings in this projectにチェックをいれて、たとえば “user=junichi11″の様に値を設定するだけです。

コメントの部分は削除して大丈夫です。

あとは、ファイルの新規作成時に設定した値が使われているか確認してください。

nb-template-settings-customizer

補足

テンプレートの機能について簡単に書きます。

NetBeansでファイルを作成するとき(ファイル > 新規ファイル)は、カテゴリ毎に登録されたテンプレートを元にファイルが作成されます。

ファイルを作成するときに毎回決まった文字列を入れたい場合は、既存のテンプレートをコピーして編集するとよいです。

テンプレートの編集

ツール > テンプレート からテンプレート・マネージャを開きます。カスタマイズしたいテンプレートファイルを選んで”エディタで開く”をクリックすると編集することができます。(既存のものを変更したい場合は複製してから変更した方がよいかと思います。)

nb-template-manager

書き方はFreeMarkerのサイトを参照するか、既存のものを参考にするか、こちらを参考にしてください。

テンプレートの設定

テンプレートファイルを編集してみるとわかると思いますが、${user}のような形式の部分を見つけることができます。ここには各モジュールで設定された値やテンプレート・マネージャの設定値が入る仕組みになっています。

nb-template-php-class

テンプレート・マネージャの設定ボタンを押すとエディタが開き、このような値を

key=value

の形式で設定することができます。

たとえば、@author ${user}のuserの値を設定したい場合は、

user=junichi11

のように書きます。

nb-template-settings

注意

一部のプロジェクトには対応していません(e.g. C/C++)。プライベート用の設定が保存されるファイルを直接編集すれば動くとは思います。

ご意見等

なにかありましたら、twitter(@junichi_11)やgithubのissueにお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください