Inkscape tips : Embedded images or linked images

概要

Inkscapeではビットマップイメージをインポートするときに、埋め込むかリンクするか選択することができます。どのように使い分けるといいのかを説明します。

埋め込みとリンクの違い

ざっくり言うと、埋め込みは画像自体をファイルの中に取り込んでしまい、リンクは、外部のファイルを参照しています。

埋め込みのメリット

  • ファイルを移動しても、画像ファイルを表示することができる。

埋め込みのデメリット

  • 画像ファイルを取り込んだだけファイルのサイズが大きくなる。
  • 画像ファイルのサイズが大きいと動きが重くなる。
  • 画像を修正したい場合は、再度埋め込み直す必要がある。

リンクのメリット

  • ファイルサイズが重くならない。
  • 画像ファイルを編集すれば、Inkscape側に表示されている画像も変更される。再度インポートする必要がない。
  • Inkscapeから外部ソフト(GIMP)を起動して編集できる。(GIMPへのパスが通っている必要がある)

リンクのデメリット

  • ファイルを移動してしまうと、リンクが切れるので、Inkscape側で画像が表示されなくなる恐れがある。
  • 他の人にファイルを渡す場合に、画像のファイルも一緒に渡すのを忘れることがある。

まとめると下記のような使い方をするといいかもしれません。

埋め込んだ方がいい場合

  • 画像ファイルのサイズが大きくなく、画像を修正することがない
  • 環境に依存されたくない(ファイル1つもっていればどこでも編集できる)
  • リンク切れは勘弁してくれ(誰かにファイルを渡したりする場合等)

リンクにした方がいい場合

  • あとで画像を修正することがある
  • ファイルサイズを大きくしたくない

さらに…

画像をリンクして管理する場合は、新しくフォルダをつくっておいて、その中にSVGファイルと画像ファイルを一緒に入れておくとリンク切れの恐れが減ると思います。また、リンク切れを起こしてもどの画像を使っていたかはわかりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください