Inkscape analog2digital

analog2digital_i

概要

アナログのデータをスキャンしてベクターデータへ変換します。ペンタブがなく手書きのような素材を作りたい時にビットマップのトレース機能が役に立ちます。

Step1 スキャンして画像を作成

紙に手書きでオブジェクトを描いて、それをスキャナなどを使ってデジタル画像に変換します。

analog2digital_1

Step2 ビットマップをトレース

analog2digital_2

パス>ビットマップをトレース」で明るさの境界を選択してスキャンした画像をトレースします。

analog2digital_3

↓ 拡大

analog2digital_4

手書きのものをいくつか作っておいて種類ごとに分けて保存しておくと、毎回トレースすることなく使い回せます。

補足

ビットマップをトレースする機能はとても便利なのですが、注意が必要です。

拡大した画像をみるとわかると思いますが、ところどころにポツポツと穴が開いていたり、外側のパスがギザギザになっています。こうなっているおかげで、手書きの感じがでているわけですが、その分ノードの数がとても増えています。つまりは処理が重くなる場合があるわけです。

Inkscapeでも手書きのようなデータを作成することができますが、こういった処理はどちらかというと、GimpやPhotoshop等のソフトの方が得意なのではないかなーと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください