CakePHP + jQuery webcam plugin

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CakePHP + jQuery webcam plugin
Share on Facebook
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

プロフィールの画像を直接取得できればいいかなぁって思い、このプラグインを使ってみました。

最初は、jQueryだけでwebカメラの操作ができるんだって思っていました。
でも実際は、flashとjQueryを組み合わせて使います。

概要

  • ウェブカメラからの画像を画面にキャプチャする(html5 canvas)
  • ウェブカメラからの画像を取得しサーバー上に保存する

※デスクトップキャプチャソフト等も使えます。

完成イメージ

参考サイト

配布元
Ajalog.7z:jQueryでWebカメラを制御する

環境

  • XAMPP
  • CakePHP1.3.5
  • jQuery1.4.3
  • jQuery webcam plugin

準備

  1. 配布元からファイルをDL&展開
  2. 展開してできたファイルを適当な場所に設置(e.g. app/webroot/js/jquery.webcam.js app/webroot/swf/jscam.swf and jscam_canvas_only.swf)
  3. ウェブカメラを接続 or デスクトップキャプチャ等のソフトをインストール

webcam plugin

swfファイル

次の2つがあります。使いたい状況に応じて設定します。

  1. jscam.swf
  2. jscam_canvas_only.swf

1.はすべての機能が使えます。
2.はcanvasに描画する機能のみです。サーバー側にsaveしたい場合は1.を使います。

function

  • capture(delay):delay秒後にcaptureします
  • save(file): キャプチャ画像を保存 mode:”save”時にfile名を設定するとサーバー側に保存
  • getCameraList():有効なカメラリストの取得
  • setCamera(index):getCameraList()のindexでカメラを切り替える

mode

  • callback
  • save
  • stream

の3種類があります。
callbackは各コールバック関数を呼びます。
saveはcallbackと変わりませんが、save(file)を実行するときにデータを指定したファイルパスへ送信します。
streamは配布元を参照して下さい。

他のパラメータは、配布元を参照してください。

キャプチャした画像をcanvasに描画する処理は上記の参考サイトに書いてあるので、ここではサーバー側の処理を行います。

mode:“save”
onSave():画像の保存完了後に呼び出される。
保存画像を表示させるには、
このコールバックの中でページを書き換え処理を入れるか、
リダイレクトを行えばいいと思います。

jQuery関係のファイルは適当な場所で読み込む。
app/views/webcams/upload

	<strong>Webカメラから画像を設定</strong>
		<div id="jquery_camera"></div>
		<div id="camerastatus" style="margin-left: 10px;">
			<strong>カメラリスト</strong>
			<ul id="cams"></ul>
			<div id="status"></div>
			<button id="btn">キャプチャ</button>
		</div>
		<?php $this->Html->scriptStart(array('inline' => false)); ?>
			$(function(){
				var width = 320;
				var height = 240;
				$("#jquery_camera").webcam({
					width: width, // webcamの横サイズ
					height: height,// webcamの縦サイズ
					mode: "save",
					//swffile: "/swf/jscam_canvas_only.swf",
					swffile: "/swf/jscam.swf",
					// captrue(delay)が実行されたとき、残り時間を引数にもち、
					// 1秒ごとに呼び出される
					// e.g. delay = 5のときは remainが5,4,...,1と変化して呼び出される。
					onTick: function(remain) {
						if(0 == remain){
							$("#status").text("Cheese!");
						}else{
							$("#status").text(remain + "seconds remaining...");
						}
					},
					// mode:saveの場合
					// サーバー側での保存が完了し、サーバーからのレスポンスがくると呼ばれる
					onSave : function () {
						//キャプチャした画像をwebcam.saveメソッドで保存すると呼び出される。
						$("#status").text("done!!");
						var url = "リダイレクト先";
						window.location = url;
					},
					// Capture時に呼び出される
					onCapture: function() {
						webcam.save('/users/upload/<?= $this->data['User']['id'] ?>');
					},
					// debug用
					debug: function(type, string) {
						$("#status").html(type + ": " + string);
					},
					// 読み込み完了時
					onLoad: function() {
						var cams = webcam.getCameraList();
						for(var i in cams) {
							$("#cams").append("<li>" + cams[i] + "</li>");
						}
						$("#btn").click(function(){
							webcam.capture();
						});
					}
				});
			})
	<?php $this->Html->scriptEnd(); ?>

CakePHP

app/controllers/webcams_controller.php

・・・
	function upload($id = null){
		$this->laout = '';
		$updir = ini_get('upload_tmp_dir');
		$str = file_get_contents("php://input");
		$filepath = $updir . DS . 'user.jpg';
		file_put_contents($filepath, pack("H*", $str));
		// これ以降にDBへの登録処理をおこなう
		// e.g.下の処理はMediaPluginを使った時の処理の例
		$this->data['Picture']['title'] = '';
		$this->data['Picture']['description'] = '';
		$this->data['Picture']['model'] = 'User';
		$this->data['Picture']['foreign_key'] = $id;
		$this->data['Picture']['file'] = $filepath;
		if($this->Picture->save($this->data)){
			@unlink($filepath);
			exit();
		}else{
			//失敗時の処理
		}
・・・

CakePHP + jQuery webcam plugin」への2件のフィードバック

  1. 管理人 投稿作成者

    Hi. Louie Miranda.
    How to show the canvass, please refer to the following sites.
    ・http://ajalabox.blogspot.com/2010/10/jqueryweb.html
    ・http://ajalabox.appspot.com/gallerey/webcam/index.html
    And, Please change onSave callback method.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です