タグ別アーカイブ: linux

Linux Munin apacheのグラフ表示

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Linux Munin apacheのグラフ表示
Share on Facebook
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

概要

muninをインストールしてサーバーの状態を監視しようとしたのだけれど、
apacheの状態を取得できなかった。
Aliaseを設定すれば動くようになったことのメモ。

環境

fedora

muninのインストール

yum -y install munin munin-node

他にも設定しないといけないが、ググれば設定はすぐにみつかるので省略。

インストール時に設定ファイルは作成されなかったので
/etc/httpd/conf.d/munin.conf
を作成。
ただし、.htaccessファイルにBasic認証の設定がされている。

原因と対策

server-statusの部分はサーバの状態を
http://サーバのアドレス/server-status
で確認できるようにするための設定。
しかし、
http://サーバのアドレス/server-statusでアクセスすると、他のエラーのページが表示されてしまう状態だった。
そこで、通常の/server-statusでアクセスする部分をAliasで設定すれば、
うまくアクセスできるのではないかと思い、munin.confファイルに追記した。

/etc/httpd/conf.d/munin.conf

Alias /server-status /server-status
Alias /munin /var/www/html/munin
<Location /munin>
   Order deny,allow
   Deny from all
   Allow from 127.0.0.1
   Allow from 追加したいip
</Location>

<IfModule mod_status.c>
    ExtendedStatus On
    <Location /server-status>
        SetHandler server-status
        Order deny,allow
        Deny from all
        Allow from 127.0.0.1
    </Location>
</IfModule>

最初の1行のAliasがないとapache部分がちゃんと動いてくれない。

確認

munin-run apache_volume等を実行する。
volume80.value 10
などの値が帰ってくればOK。
volume80.value U
となれば、どこか設定がおかしい。