Picasa 簡易スクリーンキャプチャとして使用する

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Picasa 簡易スクリーンキャプチャとして使用する
Share on Facebook
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

フリーソフト等で様々なキャプチャソフトがあります。

ソフトの使用手順を作成したりするときに非常に便利です。

ここで書くのは、Picasaを使って画面をキャプチャするときの方法です。

Picasaといえば写真を管理するソフトで、オンライン上にも1Gまで写真をアップロードすることができます。

このソフトは起動しておけば、スクリーンキャプチャとしても利用できます。

あるウィンドウだけをキャプチャするだけとかの場合、Picasaを使って簡単に画面をキャプチャできます。

環境はWindowsです。

Picasa

Picasaはここからダウンロード

わざわざこのためだけにダウンロードする必要はないです。

でもインストールしておけば写真の管理も大変楽になります。

キャプチャ方法

操作は以下のように簡単。

  1. Picasaを起動する
  2. print screenキーを押下する(ウィンドウ単体の場合はAlt + print screen)

これだけです。
print screenキーを押下すると、

/マイピクチャ/Picasa/スクリーンキャプチャ

の中にキャプチャした画像が保存されます。

ここでの保存形式はbmpです。

キャプチャすると、1.5Mぐらいのファイルサイズになりましたヮ(゚д゚)ォ!

キャプチャしたファイルをjpg形式に変換する方法は最後に書きます。

キャプチャした画像はPicasaで簡単な文字入れなどができます。


指定したフォルダにエクスポートする

保存された画像は、非常に重いです。

以下のようにすれば、指定したフォルダにまとめて、jpg形式で保存できます。

  1. Picasa内でキャプチャした画像を(複数)選択する。
  2. [ファイル] → [フォルダに画像をエクスポート]

エクスポートが終了後に、元のファイルが必要なければ削除してください。

圧縮サイズの変更や透かしの追加などができます。

キャプチャした画像のファイル名は保存した日時などが入っているので、
まとめてファイル名の変更をしておくと分かりやすいかと思います。

例えば、エクスポートしたフォルダのファイルすべてを選択(順番があれば並び替える)します。

F2キーを押下してファイル名を変更します。

例えば

screen_cap (1)

最後に(1)を付けておくと残りのファイルに連番が打たれます。

何も付けていない場合は、次のファイルから(1)から始まる連番が打たれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です