NetBeans : Update GitHub Issues Plugin

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - NetBeans : Update GitHub Issues Plugin
Facebook にシェア
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

netbeans

GitHub Issues のプラグインの機能を少し追加しました。ただし、テンプレート以外はNetBeans 8.1以降用のものにしか追加していません。

環境

  • NetBeans 8.1 beta +

ダウンロード

機能

  • テンプレート
  • Pull Request
  • Issue status
  • .githubファイル

テンプレート

いくつかテンプレートを保存でき、Issueの説明に挿入することができます。

nb-github-issues-template-1

nb-github-issues-template-2

注: defaultテンプレートは編集することは可能ですが、削除することはできません。もし削除すると内容が初期化されます。また、テンプレート名の編集はできません。

Pull Request

UI

nb-github-issues-pull-request-1

Issueとの違いはブランチとCommitsとFilesChangedの表示があるところです。

既存のIssue から Pull Requestへの変更

nb-github-issues-pull-request-2

Change to PR ボタンを押してbaseとheadのブランチを選択すれば、既存のIssueをPull Requestへ変更することができます。 競合がある場合はエラーメッセージが表示されますが、Pull Requestにすることは可能です(ただし、自動マージはできません)。

注:OKボタンをクリックすると、Pull Requestに変更され、もとに戻すことはできません。Pull Requestのブランチは直接forkしている場合しか表示されません(関係するすべてのforkをさがしていません)。

新規Pull Requestの作成

nb-github-issues-pull-request-3

nb-github-issues-pull-request-4

新規Issueの作成でNew PR ボタンをクリックしてブランチを選択したら、表示がPull Request用のものに変更されます。あとはIssueと同様に作成することができます。

Issueに戻したい場合や間違えた場合は、もう一度 New PR ボタンをクリックすれば、Pull RequestからIssue に変更することができます(ただしSubmitボタンを押したあとは戻すことはできません)。

Issue Status

nb-github-issues-pull-request-5

リフレッシュされた時に Issueに変更があったり新しく追加されたりした場合、そのIssueの色が変わります。一度開くか、右クリックで既読にすれば通常の色に戻ります。

.github ファイル

ログイン名とOAuthトークンを自動で入力するための設定ファイルです。このファイルをユーザーホーム(e.g. /home/username/.github)においておけば、リポジトリを追加するときに自動でその値が入力されます。フォーマットは、下記のとおりです。

login=ログイン名
oauth=トークン

このプラグインでは使っていないGitHub API のライブラリでこのファイルが使われているので、同じフォーマットにしています。

もし何かありましたら、GitHubのIssuesやtwitter等でお知らせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です