CakePHP + NetBeans cakephp-netbeans plugin

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CakePHP + NetBeans cakephp-netbeans plugin
Share on Facebook
LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

追記

現在NetBeans7.2のUpdate Centerから直接インストールできるようになりました。表示されていない場合は更新を押してみてください。ベータ版はGithubからDLお願いします。

概要

cakephp-netbeans pluginがgithubに置いてあるわけですが、ずっと更新されていないし、CakePHPも2.0-RCになったので、ちょっと弄ってみて付け足したりした機能について書きます。
※pluginを使ったことによる損害については責任を負いかねます。。。

アンケート

cakephp-netbeans pluginでソースファイル、重要なファイルなどとともにプロジェクトに表示されるController,Model,View,Helperは必要ですか?必要でなければ削除しようと思います。

View Results

Loading ... Loading ...

環境

  • Windows
  • XAMPP 1.7.4
  • NetBeans 7.2
  • CakePHP1.3.x, 2.x

必要なもの

nbmファイルも置いていますが、更新していたりしなかったりするので、自分でnbmファイルを作ったほうがいいかもしれません。。。

ダウンロードにnbmファイルを置くようにしました。

beta版も含めてgithubに公開しています。大丈夫そうかなと思ったら、プラグインポータルの方にバージョンを上げてアップしています。

できること

  • Go To View Action
  • Go To Action Action
  • ctpファイルをphpファイルとして認識
  • テンプレートからのComponent,Helper等の作成
  • ファイルの絶対パスの表示(ViewPath)
  • コマンドの実行(bakeなどのCoreのShellコマンド)
  • コマンドのヘルプ表示
  • キャッシュファイルの削除(app/tmp/cache/の各フォルダの中身の削除)
  • Go To View 実行時、ファイルが無ければ、空のctpファイルを作成
  • app folder nameの設定(今のところ何も機能しません。。。)
  • CakePHPプロジェクトの作成
  • CakePHPプロジェクト作成時にSecurity.salt,cipherSeedの値の変更とapp/tmpディレクトリのpermissionの変更(777)を行う [ NEW! ]
  • コード補完用のファイル生成(プラグイン側で対応するようにしたので削除するかも。。。) 削除済み[v0.6.8]
  • CakePHPプロジェクト作成時に、簡易的なdatabase.phpの作成
  • コード補完(v0.6+) [ NEW! ]
  • CakePHP用のフォーマットアクション[ NEW! ]
  • Viewファイル内のelementファイルへのハイパーリンク(クリックしてファイルを開けます)[beta : v0.6.9]
プロジェクト作成時の機能を幾つか改良したので、プラグインを使って新規プロジェクトを作成すれば、ほぼすぐに動かすことができます。

Go To View/Action Action

説明

Controller ⇔ Viewの行き来ができます。
e.g.
PostsController.phpのaddアクションに対応する、add.ctpファイルを開くことができます。

追記:2011/10/07
View/Themed以下にThemeを作っている場合で、controllerに$themeプロパティが設定されていると、Theme選択のダイアログから移動したいThemeを選択できます。
また、移動先のTheme ViewからもとのControllerに戻ることもできます。

方法

各アクションメソッド内で、右クリック>ナビゲーション>[ビューへ移動/アクションヘ移動]

下記のようにキーマップにショートカットを登録しておくと便利です。

ツール > オプション > キーマップ
検索:php
ショートカットを登録

ctpファイルをphpファイルとして認識

説明

ctpファイルをphpファイルと認識しcakeファイルアイコンを表示します。

方法

特になし。

テンプレートからのComponent,Helper等の作成

説明

新規ファイルの作成から、Componentなどの各テンプレートファイルを選択することができます。

方法

[ファイル] > [新規ファイル] > [CakePHP]

@autherの設定

[ツール] > [テンプレート] > [設定]


ユーザ名を下記のように設定すると、テンプレートからファイルを作成したときに表示される@autherにuserの表示が入ります。
user = your user name

ファイルの絶対パスの表示(ViewPath)

説明

選択中のファイルの絶対パスをツールバーに表示します。

方法

プラグインをインストールすると表示されるようになります。

解除

表示 > ツールバー > Viewのチェックを外す。

コマンドの実行(bakeなどのCoreのShellコマンド)

説明

コマンドラインから実行できるShellをNetBeansから実行できます。

方法

CakePHPのプロジェクトの上で右クリック > CakePHP > コマンドを実行

キャッシュファイルの削除(app/tmp/cache/の各フォルダの中身の削除)

説明

app/tmp/cache/models等の中のファイルをすべて削除します。
削除したからといって何もメッセージは表示されませんので注意してください。

方法

コマンドを実行と同様。
Clear Cacheをクリックするのみ。

Go To View 実行時、ファイルが無ければ、空のctpファイルを作成

説明

通常は、対応するViewファイルがないと、存在しないというダイアログが開きます。
そのダイアログを開かずに、アクション名の空のビューファイルを作成して開きます。

方法

プロジェクトのプロパティのフレームワーク > CakePHPカテゴリを開きます。
チェックボックスがあるところにチェックをいれます。

app folder nameの設定(今のところ何も機能しません。。。)

説明

appフォルダ名を変えている方もいるかと思い設定はできるのですが、今のところ何も機能しません。
appフォルダに関する機能は、appフォルダ名がappのものにしか機能しません。

方法

上記と同様。

コード補完 [NEW!]

説明

CakePHP2.0.0からはコアのコンポーネントやヘルパーに@Propertyが追加されているので、IDEを使っていれば、特に何もしなくても補完が効くようになります。@propertyを書かなくても、補完をサポートするようにしました(v0.6+)。

方法

1.3では@Propertyを書いたファイルをプロジェクト内のどこかにおいてあげると補完が効くようになります。 最新バージョンでは1.3系でも補完をサポートします。

$components, $uses, $helpersに書かれているオブジェクトの補完をサポートします。プラグインのコンポーネント等を使っている場合も有効です。Coreのコンポーネント等は、書かなくても表示されますが、書かないと、コンポーネント等は機能しないので注意。

2.x系ではコンポーネントやヘルパーにエイリアスの設定ができます。エイリアスの設定をしている場合にも対応しています。(v0.6.2 +)例えば、

$helpers = array(‘Html’ => array(‘className’ => ‘TwitterBootstrap.BootstrapHtml’));

といった場合は、$this->Html->でBootstrapHtmlの補完をするようになっています。

Gitを使わずにCakePHPプロジェクトの作成

説明

Gitを使っている場合はgithubからcloneして新しいブランチを作ってファイルを作成していきますが、Gitを使っていない場合は、githubからアーカイブをダウンロード&展開という作業を行います。
このダウンロード&展開をプロジェクト作成時にNB IDE側で行います。
githubにおいてあるCakePHPのリポジトリのタグのリストを取得し、選択されたタグのアーカイブを取得、プロジェクト内に展開します。
プロジェクト作成時のCakePHP Frameworkの選択の時に重くて、しばらく何も変わらないかもしれませんが、タグのリストが表示されるまで待ってください。。。

CakePHP用のフォーマット

エディタ内で右クリック> Format for CakePHP

以下を実行します。こちらも参考にするといいかと。

  1. 通常のフォーマット
  2. ドキュメントブロックのインデント解除
  3. 改行コードを強制的にLFへ変更する

Viewファイル内のelementファイルへのハイパーリンク

Ctrlキーを押したまま、エレメントファイル名をクリックすると、そのファイルを開くことができます。

ただし、app/View(s)/Elementsもしくはcore/View(s)/Elements内にファイルが存在場合のみです。ファイルがあれば、画像のように色が変わります。

TODO

  • コマンドを実行(CakePHP2.0.0)
  • コマンドを実行のヘルプの表示

CakePHP + NetBeans cakephp-netbeans plugin」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 管理人の日記~つらつらなるままに~ » Blog Archive » CakePHP + NetBeans [cakephp-netbeans]

  2. ピンバック: CakePHP Advent Calendar 2011 18日目 NetBeans環境でのCakePHP | 管理人の日記~つらつらなるままに~

  3. suzuki

    cakephp-netbeans pluginのおかげで開発の苦労が断然減りそうです。
    素晴らしいプラグインを公開していただきありがとうございます!

  4. junichi_11 投稿作成者

    >suzukiさん
    コメント有難うございます!
    元のプラグイン自体は前から作成されていて、自分は勝手に機能を付け足していっただけですが、使ってもらっている人がいてよかったですー。

  5. ピンバック: NetBeans cakephp-netbeans コード補完用ファイル生成 | 管理人の日記~つらつらなるままに~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です